more about mk+

new+

comments+

links+

calendar+

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

半年後、10年後。

今年の9.11はいつにも増して特別な日になってしまったのは、
あまり嬉しくない事実。

9.11 のあのテロから10年。
3.11 のあの大震災から半年。

もう半年?まだ半年?
帰国してからもう半年?
時間が経つのは早い。
って、いつもそんなことを言ってる気がするけど。

今日みたいな日は本当に、
自分が何不自由なく生きていることに感謝する。
多少気に食わないことはあったり、
楽しくない、ここじゃないどこかに居たい、
なんてことは人間のエゴからくる思いや感情でしかないわけだから。
Logicalに考えて・・・
私が自分の生活や人生に対して不満を言えるようなことってない。
いたって普通な生活は、それ以上にない幸せなことなんだと思います。

10年前のあの日はまだ大学生で、
テロが起きたその時間帯は実は授業サボって家で寝てました。
携帯が鳴って起きたら、かけてきた相手はその授業で一緒の友達。
自分もサボって寝てるくせに、のんきに
"why the hell aren't you in class?"
なんて電話に出たら半パニック状態のその友達は私に今すぐテレビをつけろと言った。

目に飛び込んできたのは信じられない光景。

もちろんその日はそのまま大学のクラスは全キャンセル、
緊急事態として Chancellor からのメッセージや、
いろんなサポートセンターの連絡などがまわってきた。
NYにいる自分の友達の安否の確認とか、
NYに家族や友達がいる大学の友人たちの emotional support とか、
とにかく人の集まっているところではテレビの前で泣いている人たちばかりを目にした日。

あれから10年経っても、
その日の記憶が薄れることはない。

3.11の記憶だってきっと10年経っても薄れない。

1998年のインドネシアでの暴動の記憶がまったく薄れていないように。

こういう記憶は忘れようとするのではなく、
しっかり覚えておいて embrace して
今自分がいる平和で平凡な毎日がどれだけ幸せなことなのかを
ちゃんと感じなきゃいけないんだと思います。

スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。