more about mk+

new+

comments+

links+

calendar+

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

大地震

東北地方太平洋沖地震、「東日本大震災」。
地震の瞬間、新宿のど真ん中でビルの7階にいました。
一時帰国中のフロリダのおねーちゃんとランチを終えようとしていたとき、
「あー地震だねー」「長いねー」などと言っている間に、
これは普段よくある地震じゃないと察知して
人生で初めて地震でテーブルの下にもぐるということをしました。
お店の壁は落ちまくってました。

しばらくしてやっと外に出ると、
ルミネエストの窓ガラスは割れて地面はガラスまみれ、
ショックで倒れそうになっている女性、
まるで歩行者天国なみに道路に人があふれていて、
しばらく歩いているとまだ余震で世界が揺れました。

ほんっとうにラッキーなことに、
その夜はおねーちゃんがもとから新宿にホテルをとっていたため、
(12階だったからしばらくはとなりのロイホで待機しましたが)
電車が動かず帰宅できなくても、「帰宅困難者」には幸いなりませんでした。
そして1人じゃなくて本当に良かったと思った日。

携帯が通じないため両親とはなかなか連絡がとれず。
夜になってやっと連絡がとれました。
父は会社から自宅まで徒歩6時間かけて帰り、
母は卒業式の着付け仕事中で池袋のホテルのロビーで一夜を明かし、
私も翌朝には帰宅して3人とも無事に帰宅することができました。

FacebookとTwitterさまさま。
携帯メールや電話は通じなくても、
FBとTwitterで日本にいる友人らの安否を確認したり、
世界中で心配してくれていた友人たちに「大丈夫だよ」と連絡することができた。
FBにものすごい数の心配コメントとメッセージ、
ほんとうに嬉しかったです。
何年も連絡してなかった人たちや昔大切だった人たちからのメールも、
"I thought of you immediately"っていう言葉はほんとうに嬉しい。

昨日の夜中は部屋にいたらαがSkypeで電話してきて、
"I'm ok"と言いながらも声を聞いたらなんかものすごくホッとして泣きそうになった。

国外脱出になるような暴動とか、
毎年カテゴリー3、4のハリケーンとか経験してきたけど。
地震は予想も準備もすることもできないし、
どうすることもできないから本当にこの世で一番怖いものだと思う。
止まない余震でつねに船酔い状態だし、
緊急地震速報が鳴る度に身体が萎縮してしまいます。

テレビではひたすら目を疑うような映像ばかり。
これは本当に日本なのか?と思うような数字ばかり。
そしてその数字は増えていくばかり。
M9.0なんて数字は、正直理解不能です。

とにかく無力ながらも自分のできることを。
まず節電。
Twitterも個人ツイートはせずに公式RTで情報拡散。
そして祈るばかり。

今回の地震、津波によって亡くなられた沢山の方々のご冥福をお祈りし、
被災された方々、今も尚避難を余儀なくされている方々へ、
心からお見舞い申し上げます。

頑張れ、日本。
http://prayforjapan.jp/tweet.html
http://prayforjapan.jp/tweet_en.html

スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。